tumbbuda

http://twitter.com/KingjoeBudda


Reblogged from wawawa8888
シー・シェパード和歌山に幹部常駐 日本たたきビジネス化
反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」が和歌山県太地(たいじ)町に団体幹部を長期派遣し、
地元のイルカ漁に圧力をかけている。SSは12月にオーストラリアから抗議船を出し、再び調査捕鯨を
妨害することも宣言し、“日本たたき”の姿勢を強めている。

太地町で活動しているのは、米環境保護局元捜査官で2年前にSSに加入した米国人、スコット・ウェスト氏(52)。
9月初めから、「ザ・コーヴ」で知られるようになった同町の畠尻湾に張りつき、撮影した動画像を
インターネットに連日配信して、イルカ漁の実態を「告発」している。
ウェスト氏は観光ビザで来日し、12月上旬まで日本に滞在する。
SSが幹部を日本に長期派遣するのは初めてで、SSはさらに、12月以降も別のメンバーを派遣する
意向を示している。

こうした活動を可能にしている背景には、SSの潤沢な財政状況がある。SSは2003年に初めて
太地町に活動家を派遣。05年には捕鯨妨害を始め、07年からは抗議船に米有料チャンネル
「アニマル・プラネット」の撮影班を乗船させて、活動家たちを「海の英雄」に仕立て上げる番組
「鯨戦争」の制作に協力するようになった。
「鯨戦争」は同チャンネル史上、歴代2位の視聴者数を稼ぐ人気番組に。米国やオーストラリアなどで
SSの知名度は飛躍的に向上し、活動の原資にしている寄付金が急増した。04年は総額120万ドル
(約1億円)だったのに対し、08年には396万ドルと3倍強にまで膨れあがった。
捕鯨関係者は「日本をたたくことで、収入が増えるビジネスモデルが確立され、SSにとって、日本が
『金のなる木』となっている」と指摘する。
http://www.sankei-kansai.com/2010/10/08/20101008-044503.php
シー・シェパード「日本超超超うめえええええ! 俺達ずっーと日本にいることにするわ!!」 :アルファルファモザイク (via wawawa8888)

(via etecoo)

Reblogged from highspeedturbine
どっかの大学生が大学のイルミネーションの写真をあげて「俺の学費が光ってる!」って言ってたのめっちゃおもしろかった へむろく (hem6)さんはTwitterを使っています (via highspeedturbine)

(via takojima)

Reblogged from sukoyaka
でもよ
      ネットのエロってさ
      例えるなら
      ハンバーグと
      カレーと
      ラーメンしかなくね?
hilihiliのhilihili: あなたの欲しいエロはそこにありましたか? (via sukoyaka)

(via takojima)

Reblogged from mug-g
電車の中で人が吐いたときに駅員が使う、嘔吐にかけたら自動的に粉になる薬品の名前がずっと気になってて、現場にランダムエンカウントしたときにガン見して薬品の名前見てたのは私です。 薬品名は「オートキエール」で誰がうまいこと言えとと思いました。 Twitter / atmark680 (via rairaiken424)

(Source: mug-g, via takojima)

Reblogged from mug-g
【理想】「この問題、進研ゼミでやったことある!」
【実際】「この問題、進研ゼミでやったことあるのに!」
Twitter / @d_v_osorezan (via mug-g)

(via takojima)

Reblogged from otsune
二十歳の女の子に語るために、二十歳の女の子の理想の結婚の条件というのをアンケートでしたら、1位が人間として価値観の合う人、2位がお互い尊敬し合える人で、3位が高収入というんだけど、40代になったら、理想の結婚相手の1位は、殴らない人というのです。2位が、どんなに低収入でもいいから、定職のある人。仕事をしてない男はもう金輪際ごめん。所得が少なくてもきちんと仕事をもっている人。それで3位が、できれば優しい人というのです。そうすると、この20年で女の人生に何があったのかということがわかってしまうという。

「共同参画」2013年11月号 | 内閣府男女共同参画局 (via otsune)

あーわかるわかる。

(via ttsatoru)

(via takojima)

「イノベーションを起こす」っていうのは、
どういうイメージかっていうと、天秤があったとして、
その片方の皿に塩が盛られている状態なんです。
その塩を、一粒ずつ別の皿に移していくような作業で。

そういうことをしていると、人はバカにするわけですよ。
「やっても無駄じゃん」みたいな。
やってる人も、本当にそれが正しいのか、
迷いながらやっていると思うんです。
でも、それをコツコツ地道にやり続けていると、
どこかで天秤が傾いて、皿の位置が逆転するわけですよね。

ああ、、なるほど。
ある時突然、今までの蓄積の結果が表れるんですね。

傾き始めた後にはじめて、
みんな、何が起こったかに気づくんですよ。
傾いた時には、いとも簡単にバーッって動いたように見えるけれども、
それは、一粒ずつ移した結果であって。

そういうふうに、
イノベーションを起こす物っていうのは、
最初、バカにされる局面があるんです。
それでも、何を目指しているのかっていうのを、
明確に持ってやり続けられるのかどうかっていうことですよね。
それをやってくると、いろいろと見えてくるっていう。

エジソンが電球を開発した時も、6000種類以上の素材を試して、
最後に日本の竹に行き着いてフィラメントが出来たわけですけど、
そんな、6000回も試すかよ!」って。
信じがたいですよね。

それも、「日本の竹」っていうぐらいだから、
あの時代に、いろんなものを集めてたわけでしょうね。

変態ですよね、ある意味(笑)。
でも、その執念みたいのがないと成し遂げられないものがあって。
世界中からバカにされてもやりぬくっていうのは、
本当にパッションがないと出来ないし、
そういうものを見つけられた人っていうのは幸せと思うんです。
川島優志(人ごとの魅力を知るダイアログ)
Reblogged from deepspeed
「まったく回っていない現場があり、過労死してもおかしくないようなこの労務環境が現実にあるなかで、世界から飢餓と貧困を撲滅するため、日本一を走り続けるため、世界一を目指すためと、新入社員の数もろくに確保できていない状況で店舗を拡大していくのはもはや大義ではなく驕りであると思う」 「居眠りで交通事故3回」「20キロ痩せた」 すき家・従業員の悲痛な声(調査報告) (弁護士ドットコム) - Yahoo!ニュース (via deepspeed)

(via deepspeed)

Reblogged from kotoripiyopiyo
ラリーに出場する人たちは整備にウェス(通常服とかTシャツなどのボロ布)を大量に使うので大きなビニル袋にたくさんつめてそこらに置いてあるのですがそこへ現地の小さな女の子が走り出て来てウェスを一枚引っ掴んで逃げました。すぐに親らしき人と警備の人と問答のあげくその子は追い出されました。手にはウェスを持ったままです。何故ウェスなんか欲しいのかなとそばに寄って見てみると、その布にはお花のプリントがされていました。なぜか胸がざわざわしました。 OMEGA TRIBE解体新書 第六話 スーダン解放戦線ゲリラ (via kotoripiyopiyo)

(via kotoripiyopiyo)

Reblogged from otsune